メニューを閉じる

お役立ち情報

「ハイポイドギヤ スパイラルベベルギヤ」 の違いとは?

  • 歯車・ギヤの基礎知識
  • 工作機械
  • 自動車
  • ロボット
  • その他業界
  • スパイラルベベルギヤ
  • ハイポイドギヤ

専門的に言ってしまうとここでは書ききれないのですが・・・

 

簡単にご説明すると、スパイラルベベルギヤとハイポイドギヤの違いは、スパイラルベベルギヤについてはピニオン軸とギヤ軸の中心でかみ合うのに対してハイポイドギヤはギヤ・ピニオンのかみ合いする軸にオフセット(ピニオン軸の中心ずれ)があるものです。

 

ハイポイドギヤのメリットとしては、複数の歯が同時にかみ合うため、歯への負荷が分散します。このため通常のスパイラルベベルギヤに比べ耐久性が高く、騒音も下げることが可能です。スパイラルベベルギヤとハイポイドギヤの大きな違いのポイントです。

 

スパイラルベベルギヤは歯面の接触部分が転がり接触で回るのですが、ハイポイドギヤは、ギヤとピニオンの接触部分が滑りによって動力を伝達します。そのため、スパイラルベベルギヤより摺動抵抗が大きくエネルギー損失が大きく(発熱が多く)なってしまいます。また、摺動動作による歯間の極端な圧力下で効果的な潤滑を要するため、ハイポイドギヤには専用のギヤオイルが必要となります。焼き付きを防止するハイポイド油が実用化され、自動車用に使用されるようになりギヤとして実用化が可能となりました。

 

スパイラルベベルギヤと比較した場合、ハイポイドギヤは歯面の接触面積が大きくなるので、同じ大きさなら許容トルクが大きくなります。つまり、複数の歯が同時にかみ合うことで負荷が分散され大トルクに耐えられるという点がメリットです。許容トルクが同じなら小型軽量化が可能になります。かみ合い率が増えるので、静音性でも有利になります。

ただし、構造は大きくは変わりませんが設計や製作の難易度は高くなります。

ハイポイドギヤは入力側(ハイポイドピニオン)と出力側(ハイポイドギヤ/ハイポイドホイール)で歯数比を大きくできるため、コンパクトで大きな減速比が得られます。

 

歯車に関することは特殊ギヤ.comにご相談ください!

特注ギヤ製造.comを運営する株式会社オージックは、特注ギヤ・精密ギヤのプロフェッショナルとして、あらゆる歯車の設計・製作を行ってまいりました。工作機械、航空、 宇宙、ロボット、印刷機械をはじめ、 あらゆる機械産業のお客様に御満足頂いております

 

また、当社は100%お客様の設計に基づいて加工するフルオーダーメイドギヤにも対応しております。不可能を可能にし、お客様のご要望に沿った最適なギヤを製作いたします。

 

さらに、お客様の過剰品質の設計を防止するために、あらゆる角度からVA/VE提案をいたします。ギヤの設計・製造には高度なノウハウ・技術が求められますが、70年間、お客様の課題を解決してきた当社だからこそ、最適な品質設計をお客様にご提案することができます。

 

歯車の設計・製造にお困りの方は、特注ギヤ製造.comまでお問い合わせください!

関連事例

関連記事はまだありません。

一覧に戻る

お気軽にご相談下さい

特注ギヤ製造.comは、70年以上培ったノウハウを活かして、
メーカー規格外の特殊形状ギヤ、高精度歯車の設計から製造まで一貫対応いたします。
特注歯車・ギヤにお悩み・お困りの方は、お気軽に当社にご相談ください。